祭りの季節

今年も秋祭りの季節がやってきました。

私の住んでいる農村地区にも、村の守り神の神社が年に一度の多くの住民が訪れる、そんな日が秋祭りなのです。

地域挙げての豊穣の秋を願う一大イベントです。

昨年は台風に見舞われての停電の後奇跡的に電気が来て開催された秋祭りも、次の日の早朝に起きた、地震に合いながらも無事に終了することが出来たのです。

地域の安泰を願ってくれているのですね。

秋祭りの日だけは住民のほとんどの方が神社に足を運んで、自治会の企画するイベントに参加して楽しい時間を共有して、中には、年に一度の再開に花を咲かせる、そんな場面も多くなっているようです。

秋祭りは、子供たちのゲームに始まり、カラオケ、ビンゴゲームと進み、お客さんはジンギスカンを囲み、それぞれのイベントを楽しみ、ビンゴゲームに一喜一憂して、今年の秋祭りは閉められるのです。

その後は、役員の人のための、直会が行われるのです。

役員の方は、準備などで、ゆっくりとジンギスカンもビールも飲む暇がなかったから、皆が帰ってから、会場の後片付けをして、1時間ほどの会を行いこれで神社の明かりも落ちて、今年の五穀豊穣と、住民の健康を願った秋祭りが終わり、秋の収穫が始まるのです。

昔からみると、お祭りの在り方も変わってきてはいますが、住民の願いは同じなのです。

ほとんど見かけなくなった人も、この日ばかりは、神社に足を運んでくれるのです。

田舎にとって住民を結び付けている神社のおかげで今日のこの地域が活発に発展を続けているのです。

そしてこれから将来も、若いもの達にこの精神が受け継がれて行くことを私のような年寄りは願いながら、今年もこの後災害のない事を願いながら、家路につくのです…

ヘリオホワイト 公式

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です